自分でも、これを飼うことになるとは思ってませんでした・・・

P6080004_R
Brachypelma klaasi
メキシカン・ピンク

 

P6080005_R
Chromatopelma cyaneopubescens
グリーンボトル・ブルー

 

P6080007_R
Acanthoscurria geniculata

サンタレム・ピンクヘアード

 

メキシカンピンクが一番大きくて、レッグスパンで3cmくらいかな?
グリーンボトルブルーが2cmくらい、サンタレムピンクヘアード(ゲニキュさんと呼ばれることが多いらしいですね)が1cmくらい、メッチャ小さい!!
ちゃんと育つといいけど・・・
お腹が黒くなると、脱皮前なんですかね?写真からすると、メキシカンピンクとゲニキュさんは脱皮前?
早く大きくなって欲しいもんです。

フィリピンにも、タランチュラの愛好家はかなり多いようです。
たまたま、付き合いのあるレオパのブリーダーがタランチュラの輸入もやっていて、「どうだ?」と言うので、「お、おう」と。言うわけで。
日本で買うより、かなり安い値段で買えます。アンティルピンクトゥーとブラジリアンブラックも買う!と言ったんですが、彼によると「いま、ヨーロッパにも在庫がないんだよー、入荷したら連絡するよ!」だって。

タランチュラが大きくなったときの餌をどうするか?と考えて、ミルワームを拒食中のレオパにもあげられるからいいか~!と思ってデュビアの養殖まで始めてしまいました。
フィリピンでもこの手の趣味にハマれるとは・・・海水魚にハマってる日本人もいますし、フィリピンって意外と楽しめるかも??

  • いいね! (1)
  • 微妙 (0)
  • アカン! (0)